主な医療関係職種の給与水準

1995-2016iryokyuyosuijun.jpg

財政制度分科会(平成29年10月25日開催)資料一覧
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia291025.html
1.議題  社会保障②
2.配付資料 社会保障について②(各論)
(参考資料) 社会保障について②(参考資料)
1. 30年度診療報酬改定
(1) 改定率の考え方
(2) 適切な医療提供体制の構築
(地域医療構想の実現等)
(3) 調剤報酬の改革
2. 薬価制度の抜本改革
3. 医療・介護提供体制
4. 改革工程表の着実な実施
---------------------------
◆(参考2)主な医療関係職種の給与水準
○ 主な医療関係職種の給与水準は、加重平均でみて、上昇トレンドを続けてきた。
○ 医療関係職種の中でも、特に、医師・歯科医師・薬剤師などの給与水準の伸びが大きい。
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia291025/01.pdf
医師 126.64
歯科医師 118.04
薬剤師 117.20
加重平均② 116.36
看護師 111.73
加重平均 110.01
准看護師 105.23
作業療法士 100.23
理学療法師士 97.58

主な医療関係職種の給与水準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中