Hospital Compare(病院比較)サイト

このコラムは必見。とくにDPCに携わる者には。
今後DPCデータがどのように使われるかも含めた海外事例です。

公的機関から正確な医療情報を案内するサイトが必要。米国例としてはMedlinePlusが紹介されています。
アルファベットPから下記を辿るとAHIMAのPHRサイトへ誘導。日本にもこういう推進役団体が必要です。
これに関連するのがHospital Compare(病院比較)サイト。
下記のとおり、メディケア・メディケイドの入院・手術をする場合の病院選択の説明ではMedlinePlusから誘導。

↓↓↓

[コラム]Webの医療情報に空いた「穴」は、誰が埋めるのか? | Med IT Tech
https://medit.tech/column-who-can-fill-empty-holes-in-medical-information-on-the-web/

◆MedlinePlus
https://medlineplus.gov
Patient Portals(Personal Health Record)
https://medlineplus.gov/personalhealthrecords.html

AHIMA – Patient Portal Toolkit
https://my.ahima.org/store/product?id=63391
(関連)AHIMA 24のツールキットシリーズ
https://my.ahima.org/search/toolkits

MedlinePlus01.jpg

MedlinePlus02.jpg

MedlinePlus03.jpg

 

 

メディケア病院を比較(日本でもH30以降にDPCデータ比較サイトを公的機関で公開予定)

↓↓↓

How to choose the best hospital for surgery
https://medlineplus.gov/ency/article/007497.htm
◆Hospital Compare
https://www.medicare.gov/hospitalcompare/About/What-Is-HOS.html
グーグル検索 Hospital Compare(病院比較)とは?
https://www.google.co.jp/search?q=米国ホスピタルコンペア

↓↓↓

Hospital Compare datasets
https://data.medicare.gov/data/hospital-compare

Hospital_Compare01.jpg

Hospital_Compare02.jpg

Hospital_Compare03.jpg

Hospital_Compare04.jpg

Hospital_Compare05.jpg

Hospital_Compare06.jpg

Hospital_Compare07.jpg

Hospital_Compare08-Rights-and-Protections.jpg

↓↓↓

AHIMAが開示フォームモデルを公表
http://wp.me/p6NPV7-2sM
「記録をどのようにして引き受けたいですか?
→ 電子メール、USB、CD、ポータル、その他
「情報をどこに送りたいのですか?」

 

 

 

 

 

九州医事研究会メルマガ2015年12月29日号
http://archives.mag2.com/0001588268/20151229070000000.html

CMS医師比較イニシアティブ一覧 医師の質報告システム(PQRS)参加施設データより
https://www.medicare.gov/physiciancompare/search.html
Physician Quality Reporting System (PQRS)
https://www.medicare.gov/physiciancompare/staticpages/data/pqrs.html

高血圧、糖尿病、心臓疾患、がん疾患等の診療計画実施状況から心疾患・脳血管疾患予防のためのアスピリン・スタチン処方率など、医師への臨床評価指標がたくさん公表されました。
ホスピタルコンペアサイトに医師単独データが追加されています。
最後に患者満足度が8項目あるところが米国らしいところ。
AMA(米国医師会)はこのCMSのデータ公表に失望の声明を出しています^^;
http://www.ama-assn.org/ama/pub/news/news/2015/2015-12-10-cms-problematic-information-patients.page

日本では診療報酬算定状況(施設基準)で確認できる内容も多々ありますね。
またDPCデータにはドクターコードがありますので日本でもすぐ対応はできます。米国のように医師別公表にインセンティブ与えて促すことも可。
日本もいつ頃に米国並みの対応になるでしょうね。

↓↓↓

Physician Compare Initiative – Centers for Medicare & Medicaid Services
https://www.cms.gov/Medicare/Quality-Initiatives-Patient-Assessment-Instruments/physician-compare-initiative/

Public Reporting of 2014 Quality Measures on the Physician Compare and Hospital Compare Websites
https://www.cms.gov/Newsroom/MediaReleaseDatabase/Fact-sheets/2015-Fact-sheets-items/2015-12-10.html

 

 

 

-----------------------------

(関連)

日の丸PHRや患者ポータル構築 診療情報管理の充実で7万人雇用創出が可能
http://archives.mag2.com/0001588268/20150505070000000.html

AHIMA「myPHR」登録のPHR事業者一覧
(日本はPHR・患者ポータル等活用コーディネーター役が不在)
http://wp.me/p2Xv05-84

米国AHIMAのようにPHR・患者ポータル等の支援・サポート役がいないと普及しません。
http://archives.mag2.com/0001588268/20160411210000000.html

AMIAとAHIMAの連携(米国医療情報学会と米国診療情報管理学会)
http://archives.mag2.com/0001588268/20150530070000000.html

米国ではブルーボタンPHRは今年度1億1,500万人利用されますが、その推進役もオーストラリア同様に診療情報管理士の集団のAHIMAです。
http://archives.mag2.com/0001588268/20150514070000000.html

「患者エンゲージメント」を流行させ、PHR(ブルーボタン)や「患者ポータル」といった自身で管理する環境づくりを行っています。
http://archives.mag2.com/0001588268/20150504070000000.html

AHIMAリンクトインの活用
http://archives.mag2.com/0001588268/20150421070000000.html

DPCの次に来る「Population Health」とは何か―規制改革会議 健康・医療WG(5/9)
http://wp.me/p2Xv05-mi
予防から慢性まで2025年地域包括ケアに向けた疾病管理(Disease Management)を推進体制へ。疾患毎にエビデンスに基づいた診療ガイドラインを作り、それを個人(患者)参加型の医療ICTを利活用して健康管理・増進を図る。

AHIMA戦略2014-2017 「Population Health Management」
http://wp.me/p2Xv05-kO
世界最先端の情報管理の専門家集団AHIMAでは会員がマネジメントすることを組織戦略の中に組み入れています。

★ AHIMA – まぐまぐ検索
http://bns.mag2.com/search?keyword=AHIMA&page=1&sortByRel=0

◆「患者エンゲージメント」推進 裏方の活躍で服薬遵守率が向上
http://wp.me/s6NPV7-medisafe

◆PEOPLE(ピープル)2020年度に整備に必要な人材は?
http://wp.me/p6NPV7-Pe

◆なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
http://wp.me/p6NPV7-OQ

◆米国国立医学図書館・米国国立衛生研究所から提供されている「MedlinePlus」
http://wp.me/p2Xv05-oM

◆Personal Health Records: MedlinePlus
http://wp.me/p2Xv05-3O

◆メイヨークリニックが提供する患者ポータル(Patient Portal Offered at Mayo Clinics)
http://wp.me/p2Xv05-pA

◆Big Data, Bigger Outcomes – Big Data’s HIM Opportunities
http://wp.me/p2Xv05-4w

◆Why You Should Have a Personal Health Record
http://wp.me/p2Xv05-5C

◆Do You Have a PHR? – 7 steps easy to a PHR
http://wp.me/p2Xv05-5u

 

Hospital Compare(病院比較)サイト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中