H30改定は7対1入院基本料(看護必要度)の更なる締め付けが濃厚

財政制度分科会(平成29年10月25日開催)資料一覧
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia291025.html
1.議題  社会保障②
2.配付資料 社会保障について②(各論)
(参考資料) 社会保障について②(参考資料)
1. 30年度診療報酬改定
(1) 改定率の考え方
(2) 適切な医療提供体制の構築
(地域医療構想の実現等)
(3) 調剤報酬の改革
2. 薬価制度の抜本改革
3. 医療・介護提供体制
4. 改革工程表の着実な実施
---------------------------

◆急性期病床の適正化(7:1入院基本料)
診療報酬上、急性期を念頭に高い報酬設定がなされている「7:1入院基本料」を算定する病床が、導入(平成18年度)以降、急増し、最多となっている。これまでの要件見直しにもかかわらず、緩やかな減少にとどまっており、今後転換するとの意向も医療機関からはほとんど示されていない。
(注)26改定においては、要件見直しにより「9万床」の7:1病床を転換するものとされていた。

201710zaimusho_7tai1kezuri01.jpg

201710zaimusho_7tai1kezuri02.jpg

H30改定は7対1入院基本料(看護必要度)の更なる締め付けが濃厚

主な医療関係職種の給与水準

1995-2016iryokyuyosuijun.jpg

財政制度分科会(平成29年10月25日開催)資料一覧
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia291025.html
1.議題  社会保障②
2.配付資料 社会保障について②(各論)
(参考資料) 社会保障について②(参考資料)
1. 30年度診療報酬改定
(1) 改定率の考え方
(2) 適切な医療提供体制の構築
(地域医療構想の実現等)
(3) 調剤報酬の改革
2. 薬価制度の抜本改革
3. 医療・介護提供体制
4. 改革工程表の着実な実施
---------------------------
◆(参考2)主な医療関係職種の給与水準
○ 主な医療関係職種の給与水準は、加重平均でみて、上昇トレンドを続けてきた。
○ 医療関係職種の中でも、特に、医師・歯科医師・薬剤師などの給与水準の伸びが大きい。
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia291025/01.pdf
医師 126.64
歯科医師 118.04
薬剤師 117.20
加重平均② 116.36
看護師 111.73
加重平均 110.01
准看護師 105.23
作業療法士 100.23
理学療法師士 97.58

主な医療関係職種の給与水準

財務省、本体のマイナス改定、全体(ネット)で2%台半ば求める

医師会が政権与党寄りですので最終的に前回並みになるとは思いますが、財務省は本体のマイナスを求めているようです。この時期恒例のやりとりですが、本体マイナスとなると、2006年(H18)年以来となります。10年近く本体は削られてこなかったので久々に同程度のマイナスも有り得るかもしれません。

入院から在宅へ誘導 診療・介護報酬同時改定 2017/10/26付
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO2270612025102017EA1000/

> 前回16年度の診療報酬改定率はマイナス0.84%だった。財務省は今回、2%台半ば以上のマイナス改定を目指す。薬価引き下げに併せ、医師の給与にあたる本体のマイナス改定も求める構え。1%引き下げると、税金や保険料、患者の自己負担の合計で約4500億円減る。

h30kaiteiritsu_zaimusho.jpg

◆H30診療報酬改定情報(6年に1度の医療介護同時改定)
http://wp.me/P2Xv05-1A3

◆2018年度診療報酬・介護報酬同時改定セミナー
http://archives.mag2.com/0001588268/20170921070000000.html

◆H30診療報酬改定の基本方針(要チェック!!)
http://wp.me/p6NPV7-2yH

◆DPC/PDPS H30改正内容 医事課にとって最重要な「算定ルール」の見直しを予測
http://wp.me/p6NPV7-2RI

 

事業費用 医薬品費増の理由

【特集】国立病院機構の決算からみる医事関連データ
http://archives.mag2.com/0001588268/20170925070000002.html

H28改定後の経営状況 看護必要度の破壊力
http://archives.mag2.com/0001588268/20170814070000001.html

h28.4-h29.3keieiakka.jpg

財政制度分科会(平成29年10月25日開催)資料一覧
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia291025.html
1.議題  社会保障②
2.配付資料 社会保障について②(各論)
(参考資料) 社会保障について②(参考資料)
1. 30年度診療報酬改定
(1) 改定率の考え方
(2) 適切な医療提供体制の構築
(地域医療構想の実現等)
(3) 調剤報酬の改革
2. 薬価制度の抜本改革
3. 医療・介護提供体制
4. 改革工程表の着実な実施

財務省、本体のマイナス改定、全体(ネット)で2%台半ば求める

H30DPC/PDPS改正 Ⅲ群は「標準病院群」

平成29年度第6回 診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会 平成29年10月25日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000181703.html
1. 機能評価係数IIについて
2. 調整係数について
3. 医療機関群の名称について
4. 退院患者調査の見直しについて
5. 診療報酬改定に係るその他の課題について
○参考資料
新たな地域医療係数体制評価指数(案)

////////////////////////////////////////////////////

◆「保険診療係数」 → 「医療の質向上係数」

◆病院群名称の変更
Ⅰ群を「大学病院本院群」
Ⅱ群を「特定病院群」
Ⅲ群を「標準病院群」

◆「病院情報の公表」現在の7項目→17項目へ 「共通指標セット」に集約
大項目 全23項目
中分類 全35項目(必須22項目、任意13項目)
うち17の指標が公表項目
(選択式へ 全て実施は満点)

◆地域医療係数(主な内容)
脳卒中・・・ t-PA療法・超急性期脳卒中加算・入院2日目までの血管内治療の実施
心血管疾患・・・ 急性心筋梗塞・入院2日目までのPCIや外科治療の実施
急性大動脈解離・・・ 入院中対象術式(K5601等)の診療実績
精神科入院・・・ 精神科身体合併症管理加算の算定実績等
災害時における体制・・・ BCPの策定実績有無別
その他・・・ 新型インフルエンザ等対策・新型インフルエンザ等対策行動計画に関係する医療機関

◆救急医療係数・・・ 救急医療管理加算 早期退院患者は除外(3日以内の転院・退院等)
→救急車入院は殆ど算定としている県もあり要件がさらに厳格化も
◆救急医療管理加算2の算定患者は指標値減算に

◆医療・介護の連携強化・・・ 重介護者の受入れや看取り・ターミナル等の機能と、「生活施設」を併せ持つ介護保険施設「介護医療院」を創設
病院又は診療所から新施設に転換を後押しする模様(介護保険法上の介護保険施設だが、医療法上は医療提供施設として法的に位置づける。)

◆特定の抗菌薬の使用を公表
・カルバペネム系抗菌薬(メロペネム、イミペネム、ドリペネム、ビアペネム、パニペネム)のAUD(抗菌薬使用密度)、DOT(抗菌薬治療日数)適正使用を促す目的

◆年間で1人当たり平均2回以上PCIを行うDPC病院が34存在
→5年間に2回以上はレセプト摘要欄にコメント必要→要件や審査厳しく!?

◆乳がんに対する化学療法(FEC)が実施できる743のDPC病院で外来実施・入院実施に分かれた
→要件設定して外来・入院の厳格化か!?

◆H30年廃止の暫定調整係数は「激変緩和係数」に名称変更
→マイナス2%以上が対象(1年限定)。2年目にDPC病院辞退か病棟転換、継続かなどの判断をすることに。プラス緩和への対応は今後検討。

その他
◆Kコードの他、外保連手術試案の手術の基幹コード7桁(STEM7)の入力義務化(Q+6桁数字)
◆手術の国際分類ICHI導入の検討
◆外来EFファイルの情報収集の拡大
◆介護医療院の情報収集開始
◆ICD-10(2013年版)の提出がない病院、DPC調査班事務局で機械的変換ができないデータは診療実績として含まない

 

dpc_pci-2kaiijo.jpg

new_chiikiiryokeisutaiseihyokashisu01.jpg

new_chiikiiryokeisutaiseihyokashisu02.jpg

////////////////////////////

2017年8月までの決定事項
◆医療機関群の選択制は先送り
◆暫定調整係数・重症度係数は廃止→別立て評価へ
◆激変緩和措置は2%、1年間のみ
◆「プラス緩和」は今後検討
◆後発医薬品係数は廃止→係数Ⅰで評価
◆機能評価係数ⅡはⅠ、Ⅱ群のみ重み付け
◆DPCデータ評価は厳格化
・ 部位不明コード等:10%以上で減算
・ 未コード化傷病名:2%以上で減算
◆病院情報の公表は微修正
・ 疾患数上位3疾患→5疾患
・ 臨床指標等は平成31年度導入へ
◆指導医療官派遣の評価は廃止
◆精神科診療は地域医療係数で評価(5疾患5事業)

H31年度の機能評価係数Ⅱで「共通指標セット23項目」導入へ
http://wp.me/p6NPV7-2je
平成29年度「病院情報の公表」33項目のQAが公表
http://wp.me/p6NPV7-2wz
「保険診療係数」の今後①
http://wp.me/p6NPV7-22R
「保険診療係数」の今後②
http://wp.me/p6NPV7-236

H30DPC/PDPS改正 Ⅲ群は「標準病院群」

関東信越厚生局H28個別指導指摘事項 前年度から追加・変更項目の比較

内容的に前年度とあまり変わらないだろうと考えがちですが、ご覧のとおり半数以上は変わっています。こういった傾向と対策を現場へ伝えるのが医事課の重要な仕事のひとつ。
下記画像は手術区分の箇所を抜粋。

更新日:2017年10月20日
個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について/関東信越厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/gyomu/hoken_kikan/hoken_shiteki.html

kobetsu_ope.jpg

◆関東信越厚生局 個別指導指摘事項 H28年・H27年内容比較
医科比較 h28-27ika_kobetsushido-Diff_Checker
歯科比較 h28-27shika_kobetsushido-Diff_Checker
薬局比較 h28-27yakkyoku_kobetsushido-Diff_Checker
(参考)近畿厚生局・医科比較 h28-27kinki-ika_kobetsushido-Diff_Checker

///////////////////////////////

第7回 施設基準事例検討会 12月2日(土)(受付 13:30~) (九州医事研究会推奨)

///////////////////////////////

(参考)個別指導テキストリンク
各地方厚生局 個別指導・適時調査資料
◆北海道厚生局
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/hokkaido/shido_bumon.html
◆東北厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html
◆関東信越厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/gyomu/hoken_kikan/hoken_shiteki.html
◆東海北陸厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/iryo_shido/shitekijikou_ika.html
◆近畿厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iryo_shido/kobetsushitekijikou.html
◆中国四国厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/chugokushikoku/chousaka/chousaka02.html
◆四国厚生支局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/shikoku/chosa/shitekijiko.html
◆九州厚生局
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/gyomu/gyomu/hoken_kikan/tsuchi/hokeniryoukikan.html

 

適時調査・個別指導対策
◆(保存版)平成29年度 全国の保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表
http://archives.mag2.com/0001588268/20170814070000001.html
◆「適時調査」件数・金額とも過去最高に
http://archives.mag2.com/0001588268/20170105080000000.html
◆保健所の立ち入り検査 H28年度版重要チェック項目!(総務課・医事課必見)
http://wp.me/s6NPV7-shido
◆平成28年度施設基準等講習会 東京事務所/関東信越厚生局
http://archives.mag2.com/0001588268/20170222080000000.html
◆H28施設基準等のポイント(監査用マニュアル)
http://archives.mag2.com/0001588268/20161216180000001.html

◆H28年度版 個別指導指摘事項「DPC関連」 アップコーディングと適正DPC請求の差額返還事例
http://wp.me/p6NPV7-2Hu
◆H28年度版 個別指導指摘事項「電子カルテ関連」
http://wp.me/p6NPV7-2HW
————————————–
H28年度 福岡県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2FL
H28年度 佐賀県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2G7
H28年度 長崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gj
H28年度 熊本県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gw
H28年度 大分県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GK
H28年度 宮崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GV
H28年度 鹿児島県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2H6
H28年度 沖縄県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Hj

 

(パスワード付きサイトは会員用です。)
国内最大級の医事勉強会「九州医事研究会」

◆ブログフォロワー数15,808人
https://kanrisi.wordpress.com/
◆九州医事研究会グループ参加会員1,865人
https://groups.google.com/group/kyushu_ijiken
◆メルマガ登録数578人
http://archives.mag2.com/0001588268/
2002年開始~現在まで(2012年12月に一回リセット有)16年間継続
「診療報酬対策」向け配信では国内最長のメルマガ (最新号 第247号)
過去のメルマガ一覧
https://kanrisi.wordpress.com/blog/
◆九州医事研究会(@9ijiken) | Twitter

関東信越厚生局H28個別指導指摘事項 前年度から追加・変更項目の比較

資格関係誤りレセプトの発生件数が減少

理由は「オンラインによる請求前の資格確認(請求前資格確認)」の実施が浸透してきたため。

↓↓↓

平成29年度 資格関係誤りレセプトの発生防止に向けて
月刊基金平成29年10月号
http://www.ssk.or.jp/goannai/kohoshi/gekkankikin/h29/h29_10.html

shikakukankeirese.jpg

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

高額レセプト・査定対策、症状詳記マニュアル化

九州医事研究会の会員同士でオンラインレセプトファイルを持ち合い高額レセプト・査定対策
オンラインレセプトファイル(RECEIPTC.UKE)から症状詳記テンプレートを作成
まだこの機能を活用していない医療機関が多いみたいですね。
病院グループがこのデータを活用するようになったら大幅に医事業務や病院経営は改善されます。
時代は動いている。マーケットも変化している。病院も変わらなければなりません。

H28年度版 個別指導指摘事項「DPC関連」 アップコーディングと適正DPC請求の差額返還事例
http://wp.me/p6NPV7-2Hu
H28年度版 個別指導指摘事項「電子カルテ関連」
http://wp.me/p6NPV7-2HW
————————————–
H28年度 福岡県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2FL
H28年度 佐賀県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2G7
H28年度 長崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gj
H28年度 熊本県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Gw
H28年度 大分県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GK
H28年度 宮崎県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2GV
H28年度 鹿児島県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2H6
H28年度 沖縄県「適時調査・個別指導」(自主返還事例)資料
http://wp.me/p6NPV7-2Hj

 

資格関係誤りレセプトの発生件数が減少

大気汚染など公害が原因で約900万人死亡 バングラデシュが最も悪影響受ける

本件、日本は影響低いようですが、身近では車の排気ガスやPM2.5などが関係しそうですね。

 

_98395251_chart_top_10_pollution_countries-nc.png

大気汚染など公害原因で約900万人が死亡 米英の専門家ら発表
10月21日 5時30分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171021/k10011184721000.html

環境問題の専門家で作る研究グループは、おととし1年間に大気汚染などの公害が原因で死亡した人が世界でおよそ900万人に上ると見られるという分析結果をまとめ、国際社会に対策を急ぐよう呼びかけています。

世界の6人に1人は環境汚染で死亡=調査
http://www.bbc.com/japanese/41694017
Pollution linked to one in six deaths – BBC News
http://www.bbc.com/news/health-41678533

環境汚染による死亡はほぼ全てが低・中所得国で起きており、こうした地域では最大4分の1の死因が環境汚染が原因になっている可能性がある。バングラデシュとソマリアが最も悪影響を受けていた。

環境汚染による死亡のうち最も多かったのは、心臓病や脳卒中、肺がんなど、汚染との関連が指摘されている非感染性の疾患によるものだった。

環境汚染関連の死者数が最も少ないのは、ブルネイとスウェーデンだった。

 

/////////////////////////////////////////////////////

The Lancet Commission on pollution and health – The Lancet
http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(17)32345-0

概要PDF
http://www.thelancet.com/pdfs/journals/lancet/PIIS0140-6736(17)32345-0.pdf
スライド
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)32345-0/ppt

図8:大気汚染などの公害が原因に起因する100,000人あたりの死亡者数(2015年)

Figure8_pollution.jpg

 

図12:水質汚染による人口100,000人あたりの死者数(2015年)

Figure12_water.jpg

 

PM2.5まとめ[全国のPM2.5情報・予報サイト]
https://pm25.jp/
環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html
微小粒子状物質 -PM2.5- 呼吸器疾患の知識 公益財団法人 日本呼吸器財団:呼吸器疾患の病態解明・研究推進、啓発活動
http://www.jrf.or.jp/knowledge/03.php

大気汚染など公害が原因で約900万人死亡 バングラデシュが最も悪影響受ける