回復期リハ病棟 日常生活動作(ADL)の指標(FIM)改善状況

平成29年度第7回入院医療等の調査・評価分科会議事次第  平成29年9月6日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000176133.html
1. データ提出加算について
2. 一般病棟入院基本料について(その3)
3. 療養病棟入院基本料について(その2)
4. 中間とりまとめ(案)について
5. その他

 

回復期リハ病棟 平均リハ単位6.2

平成20年400万単位 → 平成28年1,200万単位
病院数増もあり8年で大幅増となるが、平均単位数では平成23年の7単位をピークに現在は6.0~6.2単位に。

kaifuku_ave-tani

第106回社会保障審議会医療保険部会 平成29年9月6日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000176594.html

回復期リハビリテーション病棟の届出病床数の推移
回復期リハビリテーション病棟の病床数は、直近10年でおよそ2.5倍に増加している。
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000176593.pdf

 

 

 

回復期リハ病棟 日常生活動作(ADL)の指標(FIM)改善状況

75歳未満は10~20点の変化幅が最多
75歳以上は0~10点の変化幅が最多

fim_kaizen01

 

 

 

入院料1・2のいずれも0~10点の変化幅が最多

fim_kaizen02

回復期リハ病棟 日常生活動作(ADL)の指標(FIM)改善状況

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中