AHIMAが開示フォームモデルを公表

Patient-Request

AHIMAが開示フォームモデルを公表。  → PDF Model_Form

注目点は「患者ポータル」への接続やPHR等への情報提供方法もあるところ。
日本では2020年から全医療機関へのICT(EHR等)インフラ本格稼働ですので、まだまだ先になりそうですね。
AHIMAエンゲージは色んな方が知識を持ち寄ってくれるので大変便利。

↓↓↓

■記録をどのようにして引き受けたいですか?
電子(電子メール、USB、CD、ポータル、その他)指定してください。

Where do you want the information sent?
「情報をどこに送りたいのですか?」

AHIMA’s Advocacy and Policy Efforts
PATIENTS’ ACCESS RIGHTS
http://www.ahima.org/about/advocacy/efforts
Patient Request for Health Information
Explanation for Use of AHIMA Patient Request for Health Information Model Form

Annessa_Kirby

定額料金6ドル50セント+オプション。州の料金表による。
https://www.hhs.gov/hipaa/for-professionals/privacy/guidance/access/index.html
情報移行料金、日本ではどうなるでしょうね。
米国同様、必要な方だけ780円程で患者ポータルやPHR等への移行支援設定ができるかどうか。

 

 

 

AHIMAが開示フォームモデルを公表

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中