DPC提出データ形式チェックソフト Ver 8.1.1

hfile_chech

今回のVer 8.1.1からWarning 【H-6】ペイロード種別コードの不足が分かり、「データ漏れ」のチェックが出来ます。

↓↓↓

6.1.6 H ファイル形式チェックエラーコード
「0 または 1 を入力してください。」

↓↓↓

提出後にプリズム「Hファイル整合性チェック」で四半期毎返却。

必要度の取り漏れの指摘(過小評価)
(過剰評価の指摘も時間の問題)

 

平成 29 年度 提出データ形式チェックソフト Ver 8.1.1
http://www.prrism.com/dpc/checksoftdownload29.html

昨年度からの主な変更点
・ 単体チェック、相関チェックの追加及び修正
・ ドラッグ&ドロップによるチェック対象ファイルの設定機能の追加

4.2.2 様式4の相関チェックエラー
【FF4-6】データの不足
H ファイルと比較し、漏れがあると思われる症例の該当症例情報を出力する。

4.2.4 外来 EF ファイルの相関チェックエラー

【EFg-5】基準単位の確認
基準単位について、レセプト電算処理システム基本マスタと照合し、正しい値が設定されているかチェックする。

4.2.7 H ファイルの相関チェックエラー

【H-6】
ペイロード種別コードの不足
一般入院基本料及び地域包括ケア入院基本料に対応するペイロードが不足している場合にワーニングエラーとなる。(結果画面には Warning と表示が出る)
【H-7】
ペイロード種別コードの不足
救命救急入院料2・4または特定集中治療室管理料、ハイケアユニット入院医療管理料に対応するペイロードが不足している場合にワーニングエラーとなる。(結果画面には Warning と表示が出る)

 

DPC提出データ形式チェックソフト Ver 8.1.1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中