機能評価係数Ⅱかつてナンバーワン病院の現状

H28年度から開始された重症度係数が直撃したようです。
また、救急医療係数の順位が下がっていたり、医事課の係数である保険診療係数も中央集団から下げています。
あの超有名病院が実はドットナイン率高い!?
H26年10月~H27年9月の間に色々と内部事情があるようですね。
H29年度は震災(H28年4月)の影響でしょう(係数対象期間H27年10月~H28年9月)。これは仕方ない。それとH28診療報酬マイナス改定・看護必要度改定も。

saiseikai_kumamoto2

DPC病院/グループ病院別 機能評価係数Ⅱ前年差比較(H29・H28の差)
http://wp.me/p6NPV7-1XC

http://archives.mag2.com/0001588268/20170602070000000.html

《DPC/PDPS制度》

◆「777770000」レセコード事例 DPC(コーディングデータ)15例
http://wp.me/p6NPV7-1Vk
◆「効率性係数」満額の0.01602獲得 41病院の在院日数
http://wp.me/p6NPV7-1Us
◆H29DPC特別調査「ICD-10(2013年版)」準拠データの作成・確認
http://wp.me/p6NPV7-1Tn
◆重症度係数と後発薬係数は廃止 DPC評価分科会
http://wp.me/p6NPV7-1Tf
◆「病院情報の公表」は臨床指標等の次段階へ向けた分析のためのインフラ整備
http://wp.me/p6NPV7-1Sy
◆H29DPC係数 重症度係数トップ10・ワースト10 都道府県ランキング
http://wp.me/p6NPV7-1TY
◆かつての機能評価係数2合計1位病院に何があったのか
http://wp.me/p6NPV7-1Uj
◆DPCデータを用いた臨床疫学研究
http://wp.me/p6NPV7-1SU
◆DPC制度を脅かす「粗診粗療」問題
http://wp.me/p6NPV7-1P4
◆DPC返戻点数366.4点(請求1万件当たり)過去最高
http://wp.me/p6NPV7-1OY
◆DPC電子レセプトの原審査における審査返戻状況
http://wp.me/p6NPV7-1Vx
◆診断群分類包括支払い制度の将来 バリューベース支払いモデル急速普及へ
http://wp.me/p6NPV7-1NM

 

http://wp.me/p6NPV7-22c

機能評価係数Ⅱかつてナンバーワン病院の現状

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中