「効率性係数」満額の0.01602獲得 41病院の在院日数

H29係数設定のデータ対象期間はH27.10~H28.9まで。
そこで参考まで各病院の直近のデータがわかる数字を抜粋(H27.4~H28.3)。
半年のズレがあるとはいえ、前年との比較で改善が見られていない病院でも満額頂いている状況から、この係数も正直よく分からんなーっとの感想。
小児科や婦人科の強い病院は在院日数短く、この係数も満額をもらっている傾向。

h29kouritsusei


平成28年度第4回 診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会 平成29年2月9日(木)
(平成 27 年 4 月から翌年 3 月の退院患者に係るもの。)
・参考資料1 (3)在院日数の状況(Excel:1,359KB)より
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000150723.html

広告
「効率性係数」満額の0.01602獲得 41病院の在院日数

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中