H29DPC特別調査「ICD-10(2013年版)」準拠データの作成・確認

icd10-2013

現在、DPC 制度では「疾病及び関連保健問題の国際統計分類 ICD-10(以下「ICD-10」という。)(2003 年版)」に基づいて疾病のコーディングを行っていただいておりますが、我が国における「疾病、傷害及び死因の統計分類」が ICD-10(2013 年版)準拠に改正されたことを踏まえ、各医療機関において下記の対応を行って頂くこととなりました。

① 平成 28 年 10 月以降診療分のデータついて、DPC 調査事務局が提供するソフトウェアを用いて、ICD-10(2013 年版)の追加コーディングと確認作業を行い再提出する(再提出データの初回締切は平成 29 年6月 22 日。以後、3カ月ごとに実施)。
② 平成 30 年 4 月以降は ICD-10(2013 年版)に基づいたコーディングを行う。

上記①のコーディングデータの確認作業につきまして、各医療機関で行っていただく具体的な作業を次頁以降に記載しておりますので、ご確認の上、遺漏なくお取り計りいただきますよう、よろしくお願いいたします。
なお、この確認作業は、「DPC 導入の影響評価に係る調査(退院患者調査)」を補完することを目的とする特別調査として実施するもので、診断群分類点数表の作成や医療機関別係数の設定等、平成 30 年度診療報酬改定に不可欠なものです。提出が行われない医療機関については、医療機関別係数の設定が困難となりますので、必ずご対応をいただきますよう重ねてお願い申し上げます。

平成29年度DPC導入の影響評価に係る調査関連情報
http://www.prrism.com/dpc/17dpc.html
DPC導入の影響評価に係る調査(退院患者調査)特別調査
【退院患者調査提出データの「ICD-10(2013年版)準拠データの作成・確認」に関して】
http://www.prrism.com/dpc/icd10_2013kakunin.html
「ICD-10(2013年版)準拠データの作成・確認について」実施要領
http://www.prrism.com/dpc/icd10_youryou.pdf
ICD-10(2003年版)準拠の分類の構成(基本分類表)(「一 疾病、傷害及び死因の統計分類基本分類表」参照)及びICD-10(2013年版)準拠の内容例示表
http://www.mhlw.go.jp/toukei/sippei/

広告
H29DPC特別調査「ICD-10(2013年版)」準拠データの作成・確認

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中