再診料に係る地域包括診療加算及び地域包括診療料の慢性疾患の指導に係る適切な研修について(注意喚起)

a001_b001-2-9

事 務 連 絡
平成 29 年4月 21 日
北海道厚生局医療課

【A001】再診料に係る地域包括診療加算及び【B001-2-9】地域包括診療料の慢性疾患の指導に係る適切な研修について(注意喚起)
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/hokkaido/iryo_shido/h290421-a001b001-2-9.html

A001再診料に係る地域包括診療加算及びB001-2-9地域包括診療料の慢性疾患の指導に係る適切な研修について(注意喚起)平成29年4月21日北海道厚生局医療課事務連絡)(PDF:208KB)
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/hokkaido/iryo_shido/documents/h290421-01.pdf
ミラー   h290421-01


A001 再診料に係る地域包括診療加算及び B001-2-9 地域包括診療料の慢性疾患の指導に係る適切な研修について(注意喚起)

社会保険医療行政の推進につきましては、平素から格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
標記については、「疑義解釈資料の送付について(その 12)」(平成 27 年2月3日厚生労働省保険局医療課事務連絡)及び「平成 28 年度診療報酬改定において経過措置を設けた施設基準の取扱いについて」(平成 29 年2月 23 日厚生労働省保険局医療課事務連絡)等により示されているところですが、当該研修は、継続的に2年間で通算 20 時間以上の研修を修了している必要があり、2年ごとに届出を行うこととされております(別添参考)。
このため、平成 26 年度中に研修実績を添えて届け出た場合等、平成 27 年3月末までに当該研修の修了を届け出た診療所については、平成 27 年4月1日から起算して2年ごとに4月1日までに研修実績を提出する必要があり、また、平成 27年4月以降に初回の届出を行った場合は、当該届出に係る診療報酬を算定する月の1日から起算して2年ごとに研修実績を提出する必要があります。
つきましては、貴保険医療機関の届出の内容を今一度ご確認のうえ、研修実績が不足する場合や、2年ごとの届出を行っていない場合等については、速やかに辞退の届出を行っていただきますよう、お願い致します。
なお、「平成 28 年度診療報酬改定において経過措置を設けた施設基準等の取扱いについて」(平成 29 年3月9日北海道厚生局医療課長事務連絡)により、研修実績等をファクシミリ送信した診療所についても、今後、2年ごとに届出が必要になりますので、併せてご留意願います。

-------------------
★(地包診)「地域包括診療料」(月1回/1,503点) 200床未満病院+診療所
H28.4  97
H29.3  216
H29.4  219
★(地包加)「地域包括診療加算」(1回につき20点) 診療所
H28.4  4938
H29.3  5346
H29.4  5276

研修の影響で地域包括診療加算算定施設が70施設減少

広告
再診料に係る地域包括診療加算及び地域包括診療料の慢性疾患の指導に係る適切な研修について(注意喚起)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中