都立病院DPCⅢ期間30%~40% 地域との連携強化へ

平成28年度第2回都立病院経営委員会(平成29年2月13日開催)
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/hokoku/kaigi/keiei290213.html
平成28年度第2回都立病院経営委員会(平成29年2月13日開催)の議事録掲載 3月13日NEW!!

クリックして290213_giziroku.pdfにアクセス


また、その地域における連携を違った角度から見てみたということで、その下なんですけれども、病院別の入院期間の割合というのを出してございます。これはDPCにおける入院期間で退院患者数を見たものでございます。入院期間のⅢとかⅢ超えになっているものが、病院によって少しありますが、30%から40%ぐらいあると。比較的長い患者さんが、ほかの病院に比べれば多くいるんじゃないかといったことがうかがえます。
その右へ行っていただきますと、このⅢ超えがいい悪いは、それぞれの患者さんの状況によると思うので一概には言えないと思うんですけれども、このⅢ超えですとかⅢの部分を地域との連携で解決できるものと、各病院の運用の変更などで解決しなきゃいけないものというふうに、まずは分析して分けなきゃいけないだろうと。それを分けた上で、地域との連携によって解決できるものについては、スムーズな連携に向けて地域ニーズを踏まえながらどういったことをしていかなければいけないのかというのも考えていかなければいけないということが見えてきたという状況にございます。

toritsubyoin01

“都立病院DPCⅢ期間30%~40% 地域との連携強化へ” の続きを読む

都立病院DPCⅢ期間30%~40% 地域との連携強化へ

個別指導を装った手数料詐欺に注意

医療機関等への個別指導を装った手数料の詐欺等にご注意ください。
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/chugokushikoku/kikaku/chuui290308.html

kobetsushidosagi

“個別指導を装った手数料詐欺に注意” の続きを読む

個別指導を装った手数料詐欺に注意

モバイル活用による「個別指導・適時調査」業務の効率化 地方厚生(支)局の業務改革

■保険医療機関等管理システムの抜本的見直しに向けた基本方針書
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000147352.html
mobile_tekijichosa

“モバイル活用による「個別指導・適時調査」業務の効率化 地方厚生(支)局の業務改革” の続きを読む

モバイル活用による「個別指導・適時調査」業務の効率化 地方厚生(支)局の業務改革

健康・医療・介護分野におけるICT活用により実現すべき姿

未来投資会議構造改革徹底推進会合
「医療・介護-生活者の暮らしを豊かに」会合(第6回)配布資料
平成29年3月9日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo_iryokaigo_dai6/index.html

資料1:厚生労働省提出資料pdf
資料2:経済産業省提出資料pdf
資料3:総務省提出資料pdf
資料4:高橋副会長提出資料pdf
資料5:医療法人社団鉄祐会 武藤理事長提出資料pdf
資料6:株式会社メドレー 豊田代表取締役医師提出資料pdf

miraitoushi01

“健康・医療・介護分野におけるICT活用により実現すべき姿” の続きを読む

健康・医療・介護分野におけるICT活用により実現すべき姿

赤字病院増加 前年比1.4ポイント増の72.9%

平成28年 病院運営実態分析調査の概要(平成28年6月調査)
http://www.hospital.or.jp/pdf/06_20170306_01.pdf
H29.3.6全国公私病院連盟と日本病院会が公表した「2016年病院運営実態分析調査」より。
H28診療報酬改定後の経営状況として、総損益差額から見た赤字病院の数の割合が前年比1.4ポイント増の72.9%。

kurojibyouin

“赤字病院増加 前年比1.4ポイント増の72.9%” の続きを読む

赤字病院増加 前年比1.4ポイント増の72.9%

病院ベッド15.6万床削減 2025年までに41道府県で縮小

病院ベッド15.6万床削減 2025年までに41道府県で縮小
http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20170308/he2017030801001530.shtml

bedsakugen
地域医療構想 |厚生労働省
地域医療構想策定状況チェックサイト

“病院ベッド15.6万床削減 2025年までに41道府県で縮小” の続きを読む

病院ベッド15.6万床削減 2025年までに41道府県で縮小

病院経営悪化・破綻の要因

経営改革で有名な田川市病院事業管理者の齋藤貴生先生のこのニューズレターは必見。

病院再生の成就とその評価
http://hospital.city.tagawa.fukuoka.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=53&id=112&sub_id=30&flid=2308
病院経営下降・破綻の要因としては、内部要因52%、外部要因は僅か1%、残りは両要因。
内部要因のうちの大部分はマネジメント要因であり、他に組織文化が関与。
主要なマネジメントエラーとしては、市場の変化への対応失敗、執行管理の不足、過大拡張、過剰なレバレッジ(過剰な借入によって生じる利益の減少)の4つがある。  ミラー tagawashiritsu

keieihatan

keieihatan

---------

(関連)地域包括ケア病棟を開設 田川市立病院 新設の専門外来や診療科も – 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/medical/article/244987

■地域包括ケア病棟届出 1821病院(H29.2.15時点) 最新情報
https://twitter.com/9ijiken/status/833131150751125505
長崎県地域包括ケア病棟研究会
http://wp.me/P2Xv05-19R

“病院経営悪化・破綻の要因” の続きを読む

病院経営悪化・破綻の要因

DPC公開(H29)データ加工ファイル

九州医事研究会の会員から提供されたファイル(呉共済病院・西田様)のご紹介

平成29年2月9日DPC公開データより(H27年度DPCデータ)
■DPC公開データ全て加工すみ.xlsm
http://yahoo.jp/box/PstER7

↓↓↓

とても分かり易いです。件数と在院日数をさっと調べたいときに重宝します。
ファイル開いて都道府県、MDC別、術式と条件指定だけ。
5秒もあれば地域別のボリューム(件数)や効率性(在院日数)が分かります。
これは便利です。誰でも使えるエクセルベースでのご提供です。
下記は神奈川県の050163(非破裂性大動脈瘤)のK561$のステントグラフト内挿術(03)の結果。

kanagawa_050163_03

“DPC公開(H29)データ加工ファイル” の続きを読む

DPC公開(H29)データ加工ファイル

クリーブランドクリニックの新しい癌センターが3月6日開院

クリーブランドクリニック・タウシッグ癌研究所の新たな病院が3月6日開院しました。
7階建ての建物は待ち時間短縮と患者満足度重視の設計にしているとのこと。

メインロビーには患者が情報を調べることができるリソースセンターや音楽療法のためのスペースが設けられている他、ヒーリングを高めるために自然光が入る設計にもなっているようです。

US News&World Reportの病院ランキングでは、米国2位のクリーブランドクリニック。うち癌疾患部門ではオハイオ州1位、米国8位に位置づけられている世界最先端の癌研究所。どのような外観・内装か気になるところ(下記参照)。

Taussig_Cancer_Center02

“クリーブランドクリニックの新しい癌センターが3月6日開院” の続きを読む

クリーブランドクリニックの新しい癌センターが3月6日開院

医事課の新たな業務4項目+1 (地方厚生局からの期待)

東北厚生局では「施設基準から見た医療資源の把握」と題した講演がありましたが今後、地域包括ケア推進に欠かせない分析です!

関東信越厚生局も今年に入り3回(H29.1.19日、H29.2.13日、H29.2.15日)「施設基準は医療資源の把握のための重要なツール」と題して医療機関も分析等把握するように講演されています。

医事課として地域の医療資源情報の把握が当たり前の時代に → 地域医療構想・地域包括ケアシステム実現のためにも加工データ等を経営幹部へ報告

iryokousou

chiikihoukatu

“医事課の新たな業務4項目+1 (地方厚生局からの期待)” の続きを読む

医事課の新たな業務4項目+1 (地方厚生局からの期待)