施設基準から見た医療資源の把握

東北厚生局からの講演内容です。地域包括ケア推進に欠かせない分析! 関東信越厚生局も今年に入り3回(H29.1.19日、H29.2.13日、H29.2.15日)「施設基準は医療資源の把握のための重要なツール」と題して医療機関も分析等把握するように講演されています。

医事課として情報把握が当たり前の時代になりました。 → 地域医療構想実現のためにも加工データを経営幹部へ報告

↓↓↓

■東北厚生局 健康福祉部 地域包括ケア推進課 更新日:2017年3月1日
東北厚生局地域包括ケア推進意見交換会
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/gyomu/bu_ka/tiikihoukatsu/siryou.html
平成28年度第2回東北厚生局地域包括ケア推進意見交換会
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/gyomu/bu_ka/tiikihoukatsu/ikenkoukan.html
施設基準から見た医療資源の把握
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/gyomu/bu_ka/tiikihoukatsu/documents/012siryou2.pdf

shisetsukijun_tohoku

ミラー 012siryou2

(関連)
■施設基準は医療資源の把握に重要なツール
http://wp.me/p6NPV7-1rC
自院所在地域の医療機関の施設基準を把握する方
「医事課が主導するHROマネジメント」・・・届出状況の把握は各医療機関との連携・地域包括ケアシステム構築のために必要な作業。地域医療構想で限りある医療資源の適正配分・連携強化。

先駆けの取り組み! 医事課の新たな業務4点+1

↓↓↓

①地域の医療機関の届出状況を把握して地域医療連携促進情報、重複機能防止等とする
http://wp.me/p6NPV7-1rC
(例)大村市
https://qmir.files.wordpress.com/2016/06/oomura.pdf

②地域の病床機能(地域包括ケア病棟・病床)を把握して機能分化検討情報とする
http://wp.me/P2Xv05-19R
(最新情報)地域包括ケア病棟届出の病院数が先月から31病院増加して1821病院へ
http://ameblo.jp/mm-office/entry-12249127986.html

③保険外併用療養費(選定療養費)を把握して個室料等の価格調整情報とする
(例)個室ベッド料ランキング(東京)
http://wp.me/p6NPV7-Yr

④地域別の施設基準届出状況を把握して自院の今後のビジョンを調整(①の拡大版)
(例)
■サイボーグ型ロボットスーツ「HAL医療用」算定18病院に
http://wp.me/p6NPV7-1sK
■「地域包括診療料」「地域包括診療加算」 最も届出が増えた都道府県は?
http://wp.me/p6NPV7-1fW
■地域移行機能強化病棟入院料(移機強)は22施設で算定
http://wp.me/p6NPV7-10r
■検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料 2367施設
http://wp.me/s6NPV7-denjou
■認知症ケア加算(1・2)算定 1469病院
http://wp.me/p6NPV7-YY
■国際標準検査管理加算に13病院が届出
http://wp.me/s6NPV7-kokusai
■総合入院体制加算1に34病院届出
http://wp.me/s6NPV7-sougou1

プラス5番目 +⑤病床機能報告制度の医療圏別の地域情報を確認し、自院の立ち位置を探る(他の病院の動向チェック)。

 

(関連)
■NDBオープンデータ公開
http://wp.me/s6NPV7-ndb
(例)
救急医療管理加算の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-a205
認知症治療病棟入院料の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-a314
摂食機能療法の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-h004
回復期リハビリテーション病棟入院料の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-a308
地域包括ケア病棟入院料の都道府県別算定実績
http://wp.me/p6NPV7-JL
緩和ケア病棟入院料の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-a310
入院中の注射薬TOP30(先発品・後発品)
http://wp.me/p6NPV7-LA
入院中の外用薬TOP30(先発品・後発品)
http://wp.me/s6NPV7-gaiyou
入院中の内服薬TOP30(先発品・後発品)
http://wp.me/p6NPV7-KD
心大血管疾患リハビリテーション料の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-h000
脳血管疾患等リハビリテーション料の都道府県別算定実績
http://wp.me/p6NPV7-KX
運動器リハビリテーション料の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-h002
呼吸器リハビリテーション料の都道府県別算定実績
http://wp.me/p6NPV7-Lc
リハビリテーション総合計画評価料の都道府県別算定実績
http://wp.me/p6NPV7-Lk
がん患者リハビリテーション料の都道府県別算定実績
http://wp.me/p6NPV7-Lw
シングルホトンエミッションコンピューター断層撮影(SPECT)の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-e101
CT検査の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-e200
MRI検査の都道府県別算定実績
http://wp.me/s6NPV7-e202

■平成29年3月31日まで経過措置の施設基準等
平成29年4月1日以降も算定する場合に施設基準の届出が必要なもの
平成29年4月1日以降も算定する場合、算定にあたって注意が必要なもの等

————————————-

■第1回セミナー満員御礼につき第2回開催決定!!
http://archives.mag2.com/0001588268/20170208065802000.html

↓↓↓

■日 時:2017 年 6 月 23 日(金) 13:00~16:30(受付 12:30~)
■場 所:神戸市産業振興センター ハーバーホール(兵庫県神戸市中央区東川崎町1-8-4 3F)
■参加費:会員 8,000 円 / 一般 10,000 円
※会員料金対象(お申込者全員):①『医事業務』のご購読者、②『施設基準適時調査マニュアル』をご予約された方

詳細はこちら
http://www.e-sanro.net/iryo/i_topics/

http://www.e-sanro.net/iryo/i_seminar/i_seminar02/hs170623/
現時点の速報画像

dainikaisisetsu

koube1

————————————-

「適時調査」件数・金額とも過去最高に
http://archives.mag2.com/0001588268/20170105080000000.html

診療報酬・DPC・施設基準の熟知①②③。そして直近の傾向把握④や対象になりやすい診療科別の平均点数⑤、事前準備資料⑥等も把握必要。
「H28年度診療報酬改定ポイント解説」
「H28年度DPC/PDPSポイント解説」
「H28年度施設基準等ポイント解説」(重要!!)
「個別指導適時調査指摘事項(特定共同指導)等の最近の傾向」(最新情報まとめ!!)
「個別指導適時調査(特定共同指導)対象となる平均点数」
「適時調査事前準備書類一覧(各地方厚生局別まとめ)届出状況チェックリスト」

平成28年度施設基準等講習会 東京事務所/関東信越厚生局
http://wp.me/p6NPV7-1r9

■資料まとめ
https://qmir.files.wordpress.com/2017/02/20170213.pdf
(参考まで前回)
https://qmir.files.wordpress.com/2015/10/kanto_shisetsukijun26.pdf

http://wp.me/p6NPV7-1wk

広告
施設基準から見た医療資源の把握

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中