病床稼働率年々低下傾向 厳しさが増す病院経営

中央社会保険医療協議会 総会(第344回) 議事次第 平成29年1月25日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000149313.html
入院医療(その1)について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000149651.pdf

1.入院医療を取り巻く現状について
① 入院患者
② 医療提供体制
③ 入院医療費
2.入院医療等について
① 急性期入院医療
② 地域包括ケア病棟・回復期入院医療
③ 慢性期入院医療

 

■一般病棟入院基本料の稼働率の推移
○ 一般病棟入院基本料の稼働率※は概ね低下傾向である。

ippanbyoshokadoritsu


■一般病棟入院基本料7対1の届出病床数の推移
○ 7対1入院基本料の届出病床数は平成18年に創設されて以降増加。
○ 平成20年以降、7対1入院基本料の増加は緩やかになり、平成26年度以降は横ばいからやや減少の傾向となっている。

7tai1byosho

■一般病棟7対1入院基本料の算定回数の推移
○ 一般病棟7対1入院基本料の算定回数は、平成25年をピークに減少傾向である。

7tai1santei

■地域包括ケア病棟入院料等の届出病床数の推移
○ 地域包括ケア病棟入院基本料等の届出病床数は増加傾向である。
chiikihoukatubyosho

■回復期リハビリテーション病棟入院料の概要

kaifukubyosantei

■回復期リハビリテーション病棟の届出病床数の推移
○ 回復期リハビリテーション病棟の病床数は、直近10年でおよそ2.5倍に増加している。

kaifukubyoshosu

■療養病棟入院基本料の届出病床数の推移
○ 療養病棟入院基本料の届出病床数はほぼ横ばい。
○ 入院基本料1(20対1)の病床数は増加傾向。
ryouyoubyousho

まとめ「入院医療の課題(案)」

【課題】

・65歳以上の入院患者の割合は増加傾向にあり70%を超えている。今後も高齢化の進展に伴い、認知症などといった高齢者向けケアのニーズが高まることが予想される。一方で人口構造の変化による医療介護の支え手の減少も見込まれている。

・年齢階級別に一人あたり入院医療費をみると、入院医療費の伸びは10年前と比べ多くの年齢層で増加している。65歳以上の入院患者では65歳未満に比べて一人あたりの入院医療費が高い傾向にある。

・入院患者数、入院受療率及び平均在院日数は減少傾向にあるが、高齢化等に伴い、一日あたりの入院医療費は増加傾向にある。

・病院全体の許可病床数は緩やかな減少傾向が続いており、7対1入院基本料の届出病床数及び一月あたり算定回数も減少している。地域医療構想における医療機能別の病床の必要量をふまえ、今後予想される入院医療のニーズに対応できるよう、地域医療構想の取組みでは、地域の高齢化のスピードや必要とされる医療ニーズに応じた医療提供体制の構築を目指している。

・開設者別の病床数をみると医療法人が最も多い。また、開設者別にみると医療機関の運営実態には違いが認められる。新公立病院改革ガイドラインでは、公・民の適切な役割分担の下、地域において必要な医療提供体制を確保することが求められている。

・平成28年度診療報酬改定では、入院医療に関しては地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化・強化、連携を図るため、機能に応じた適切な評価の推進と手厚い医療に対する評価の充実を実施した。

↓↓↓

○ 支え手の減少など限られた医療資源の中で、効率性にも配慮しつつ、より質の高い入院医療を提供でき、かつ、医療ニーズの変化にも対応しうるようなサービス提供のあり方や、地域において求められる医療機能や患者の状態に応じた入院医療の提供体制の推進に資する評価のあり方について、どう考えるか。

—————-—————-

—————-—————-

■平成30(2018)年 診療報酬改定 最新情報局 - 九州医事研究会

≪入院≫
入院医療(その1) 平成29年1月25日

≪外来≫

≪歯科≫

≪調剤≫

≪在宅≫
在宅医療(その1) 平成29年1月11日

≪個別事項≫

—————-—————-

—————-—————-

—————-—————-

■平成28(2016)年 診療報酬改定
http://wp.me/p2Xv05-7W

(参考)前回の流れ

≪入院≫
入院医療(その1)について(H27.3.4)
入院医療(その2)について(H27.6.10)
入院医療(その3)について(H27.10.14)
入院医療(その4)について(H27.10.23)
入院医療(その5)について(H27.10.28)
入院医療(その6)について(H27.11.25)
入院医療(その7)について(H27.12.9)
入院医療等の調査・評価分科会議 中間とりまとめ(案) (H27.10.15)

≪外来≫
外来医療(その1)について(H27.4.8)
外来医療(その2)について(H27.9.30)
外来医療(その3)について(H27.11.18)

≪歯科≫
歯科医療(その1)について(H27.7.22)
歯科医療(その2)について(H27.11.20)

≪調剤≫
調剤報酬(その1)について(H27.7.22)
調剤報酬(その2)について(H27.12.4)
平成28年度薬価制度改革に向けた論点整理について - 次期薬価基準制度改革に向けた論点整理について(案) (H27.12.2)

≪在宅≫
在宅医療(その1)について(H27.2.18)
在宅医療(その2)について(H27.5.27)
在宅医療(その3)について(H27.10.7)

≪個別事項≫
その1:がん対策等について (H27.10.21)
その2:精神医療について (H27.10.23)
その3:高度急性期医療等について (H27.11.4)
その4:薬剤使用の適正化等について (H27.11.6)
その5:リハビリテーションについて (H27.12.2)
その6:技術的事項等について (H27.12.11)
その7:勤務医等の負担軽減について (H27.12.11)
その8:これまでの議論で求められた資料等について (H27.12.16)

——————————

■平成28(2016)年 診療報酬改定 最新情報局 - 九州医事研究会
http://wp.me/p2Xv05-7W
・疑義解釈まとめ
http://wp.me/P2Xv05-1A0
・改定に関する質問先まとめ
http://wp.me/s6NPV7-sitsumon
・DPC制度 最新情報
http://wp.me/P2Xv05-C
・H30診療報酬改定情報
http://wp.me/P2Xv05-1A3

http://wp.me/s6NPV7-nyuin1

広告
病床稼働率年々低下傾向 厳しさが増す病院経営

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中