H28改定で7対1病棟は▲2%影響 うち地域包括ケア病棟転換で▲1%台に軽減

→ (関連) 地域包括ケア病棟の届出は1,790病院(H29.1現在) NEW!!

■全自病調査 地域包括ケア病棟の導入が有利
H28改定で7対1病棟は▲2%影響 地域包括ケア病棟転換病院の減収は▲1%台

全国自治体病院協議会
https://www.jmha.or.jp
2017/01/12 平成28年度 診療報酬改定影響率調査結果(第3報)
https://www.jmha.or.jp/contentsdata/kikaku/shinryouhousyu/20170112_28(d3)eikyou.pdf

jmha

(関連)

■国立病院機構H27決算から見る医事関連データ
査定率が高いところは委託費比率と経常利益に高い相関?
入り(入院収入)出る(人件費)のミスマッチをただす事
改定後の病院経営の善し悪しは医事課との風通しが良い病院とそうでない病院の差
http://wp.me/s6NPV7-nho
■100億円以上の入院収入(室料差額別)15病院
■30億円以上の外来収入 17病院
■5,000万円以上の保険等査定減 18病院
■1億円以上の医事委託費 36病院
■1億円以上の経常利益 37病院
(H27決算 経営優秀病院ランキング!)

地域包括ケア病棟(管理料)移行について
→ DPC病院は病棟単位で移行しなければメリット少ない
→ 出来高病院はどちらでもOKだが病棟のほうがメリット多し

■人財型病院経営「人材格差が病院格差」
貞観政要から学ぶ病院経営 継続性(守成)の難しさ
経営幹部層への迅速な情報伝達と現場への決定権委譲
http://wp.me/s6NPV7-dpc2006
ヒトの配置で点数がとれるものを改定毎に適正化・シミュレーションする作業が必要。とくに病院にとって最大の収入源である入院基本料。これが遅れると1月あたり数百万円~数千万円の差が生じる。年間で数千万円~数億円。毎改定後の病院経営の善し悪しは医事課との風通しが良い病院とそうでない病院の差
http://archives.mag2.com/0001588268/20161216180000001.html

■病床管理(ベッドコントロール)の重要性
http://wp.me/p6NPV7-1eL
病院経営上、病床稼働率UPのための運営体制が基本だが、これが行き過ぎると看護必要度縛りや回復期FIM等のアウトカム評価などで診療報酬上の施設基準不適合になる可能性が出てくる。
また、病床稼働率重視過ぎるとDPC効率性係数等の機能評価係数Ⅱに強く影響を与え、結果として入院基本料の減収にも繋がる。DPCⅡ群を目指す戦略は赤字になるパターンが多い(思ったほど増収にならない)。
療養病棟でも医療区分の高い患者の割合に応じた評価が進んでいるため、区分1を多くすれば医療区分2又は3の8割および5割以上がクリアできなくなり結果として入院収入が減る。
こうした中、紹介件数・新入院状況・手術実施状況・看護必要度等、様々な経営上の重要指標を参考にして日々バランスをとって行くことが重要(繰り返しになるが、病床稼働率が病院経営にとっては最大の取り組み)。
では病床稼働率を上げるにはどうしたらいいか?
http://archives.mag2.com/0001588268/20161216180000001.html

■院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ
http://wp.me/s2Xv05-keiei
■H27公立病院の経営状況 200床以上はH21に次ぐ悪さ 経常収支比率98.8%
http://wp.me/p6NPV7-1mn

【経営対策】
■各都道府県 売り上げ上位20法人・TOP3の状況
https://qmir.files.wordpress.com/2016/12/iryokeiei_top20.pdf
■(会員用)2016年度決算売上高1位は日赤1兆1,736億円 NEW!!
http://wp.me/p6NPV7-1lN
各都道府県売上高TOP20法人中、東京・長野が半数赤字
各都道府県売上高TOP3全て赤字は東京・神奈川・高知
■(会員用)病院経営H27年度決算報告続々
http://wp.me/s6NPV7-jrc
■(会員用)主な病院グループの経営状況(H27決算)と病床機能転換状況
http://wp.me/p6NPV7-Eb
■(会員用)主な病院グループの経営改善に向けた着眼点(増収対策・コスト削減)
http://wp.me/p6NPV7-GA

【「地域包括」冠の算定・届出状況等】
■「地域包括診療料」「地域包括診療加算」 最も届出が増えた都道府県は?
約2年で「地域包括診療料」は愛知県で届出が伸びる。「地域包括診療加算」は大阪府。
http://wp.me/p6NPV7-1fW
■地域包括診療料 212施設で算定
http://wp.me/p6NPV7-1fG
■地域包括診療加算 5,303施設で算定
H28.12.15時点の算定状況。研修終了後の届出が増加傾向。
http://wp.me/p6NPV7-1fQ
■地域包括ケア病棟(病床)1・2算定1764病院に
http://wp.me/p6NPV7-1eL
■第3回地域包括ケア病棟研究大会(H29年7月9日)
http://wp.me/s6NPV7-jahcc3
■地域包括ケア病棟ブーム到来! 日経ヘルスケア2016/11月号
上手に活用すれば病院経営に大きなプラス
http://wp.me/s6NPV7-nikkeibp

■平成28(2016)年 診療報酬改定 最新情報局 - 九州医事研究会
http://wp.me/p2Xv05-7W
・疑義解釈まとめ
http://wp.me/P2Xv05-1A0
・改定に関する質問先まとめ
http://wp.me/s6NPV7-sitsumon
・DPC制度 最新情報
http://wp.me/P2Xv05-C
・H30診療報酬改定情報
http://wp.me/P2Xv05-1A3

http://wp.me/p6NPV7-1nw

H28改定で7対1病棟は▲2%影響 うち地域包括ケア病棟転換で▲1%台に軽減

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中