医療AIの最大課題「正解ラベル付きデータ」生成ができていないこと

医療AIの最大の課題は「正解ラベル付きデータ(細かい病名付きの医療データ)」の生成ができていないこと。
・データが医療現場に分散化
・臨床実践の現場任せのデータ生成
・データ品質のばらつき (非構造化データの氾濫)標準化が不十分
知の創成ができる研究者が大規模医療データを集中利用できる研究環境がほとんどない・・・研究の行き詰まり

jichi01

jichi02

jichi03

jichi04
↓↓↓

平成28年11月10日 未来投資会議
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/10mirai_toshi.html
未来投資会議-平成28年11月10日 – 政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14479.html

10mirai_toshi1_1

10mirai_toshi2

日本経済再生本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/index.html
未来投資会議(第2回) 配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/index.html
資料4:永井氏提出資料 人工知能を活用した総合診療支援システムの開発
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/siryou4.pdf
資料8:厚生労働大臣提出資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/siryou8.pdf

介護、回復・自立に軸足 首相表明 改善なら報酬上げ  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H2Y_Q6A111C1EE8000/
政府、AI導入を報酬に反映へ 首相、20年までに新制度:経済:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016111001001488.html
AI、医療や介護で本格活用へ 政府、20年度から:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJCC22FDJCCUBQU001.html

自治医科大学の「ホワイト・ジャック」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo_iryokaigo_dai2/index.html
双方向対話型人工知能による総合診療支援システムの開発(通称:ホワイト・ジャック)
自治医科大学医学教育センター 石川鎮清教授提出資料pdf
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo_iryokaigo_dai2/siryou5.pdf

塩崎大臣会見概要(H28.11.11(金)9:19 ~ 9:22 ぶら下がり)
http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000142767.html
ビックデータ分析を含めてAIやIoTをフルに活用しながらこれからやっていき、2020年までに作り上げていこうと。それから本格的に実施できるように診療報酬、介護報酬などでインセンティブ付けをして、バックアップをしていく。科学に基づく治療、医療それはまさに、それぞれ本人や当事者にとって一番良いことになること、それから国民的にも持続可能な医療介護制度となること、そしてまた、それは取りも直さず持続可能な負担と給付が行われることだろうと思います。

 

-----------------------

ai

地域特有のデータまでオントロジー管理してその情報をAI等にて予見・・・正解ラベルデータの生成(distant supervision)可能・・・既に全県で取り組み構想(大学の取り組み以上の世界的最先端になる。)

plr_shingo_shibata

国内屈指CIOの麻酔科医が紐解く地域医療連携ネットワーク最新動向

医療IDの利活用に向けてコードの標準化を急ぐ

PEOPLE(ピープル)2020年度に整備‏ 患者の治療歴など全国の施設で共有
http://wp.me/p6NPV7-Pe
地域医療情報ネットワーク構築事例 国内ナンバーワンはどこか
http://wp.me/p6NPV7-F4
H28電子カルテ導入率42.5%(予定含)、導入予定なし45.5%の衝撃
http://wp.me/s6NPV7-ehr2016
日本の電子カルテ導入率 H28年42.5%(一般病院) 400床以上79.8%
http://wp.me/p2Xv05-88
電子カルテ・患者ポータルの導入状況
http://wp.me/p2Xv05-gF
電子カルテのシェア 上位5社で81%
http://wp.me/p6NPV7-aT
電子カルテコピー&ペーストの欠点 アップコーディング(オーバーコーディング)回避のヒント
http://wp.me/p6NPV7-Q6
米長者番付「フォーブス400」 電子カルテ覇者ジュディ・フォークナー321位
http://wp.me/s6NPV7-forbes
米国EHR満足度調査2016
http://wp.me/p6NPV7-Ey

AHIMAアンケート 将来の重要スキル2位CPHI

AHIMA 2017年に「健康情報学(HEALTH INFORMATICS)」(CPHI)認定開始

■AHIMA学会(第88回学術大会)
■AHIMA 2017年に「診療情報科学(HEALTH INFORMATICS)」(CPHI)認定開始
ミシェル・バスコ氏「PHR推進プロジェクトで施設内患者の70%が登録。これまで32,000人以上が登録し、ポータルを介した平均アクティベーション9.3%、一日9,000アクセス以上」
■PEOPLE(ピープル)2020年度に整備 患者の治療歴など全国の施設で共有
日の丸患者ポータルには医療版エバンジェリストが必要(病院エバンジェリスト)
(PHRコーディネーター)日本に必要なPHRコーディネーター

医療データBI活用の日本一は徳洲会(世界的にみてもTOPクラス規模)。AI活用による新プロジェクトも稼働。要注目!sy130220-4

臨床評価指標(クリニカルインディケーター)最新情報2015

徳洲会病院群における診療情報ネットワークの現況と今後の展開  日本CRO協会
http://www.jcroa.or.jp/report/document/2013/sy130220-4.pdf

 

 

 

 

 

 

http://wp.me/p6NPV7-Xz

広告
医療AIの最大課題「正解ラベル付きデータ」生成ができていないこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中