地域のかかりつけ医の「ゲートオープナー」機能を確立へ

財政制度等審議会 財政制度分科会 議事要旨等
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/index.html

gairai

かかりつけ医以外を受診した場合の定額負担の導入
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281004/01.pdf
>26年度診療報酬改定で創設された地域包括診療料の算定は広がらず、「かかりつけ医」の普及や外来の機能分化は十分に進展していない。

8月6日m3.com「医療維新」より
◆フリーアクセスは制限すべきか?
Q この4月から、特定機能病院と、一般病床500床以上の地域医療支援病院では、紹介状なしの初診の際は5000円以上の定額負担が義務化されました(以下、定額負担制度)。これまで、日本の医療ではフリーアクセスが基本になってきましたが、医療費抑制のためにかかりつけ医制度を促進し、フリーアクセスを制限すべきとの意見も聞かれるようになりました。今後、医療へのアクセスについて、先生はどのように考えますか。

勤務医の8割強、開業医の7割が「何らかのフリーアクセス制限が必要」との考え方を支持

-------------
紹介状なし(初診)の大病院受診時の定額負担 最高10,800円設定、殆どは5,400円
http://wp.me/p6NPV7-tT
紹介状なし(再診)の大病院受診時の定額負担 最高8,640円設定、殆どは2,700円
http://wp.me/p6NPV7-u5

地域包括診療料に185施設が届出 九州から35施設
http://wp.me/p6NPV7-sU
地域包括診療加算の全国平均算定率5.2%(届出施設/診療所数)算定率TOP徳島13.2%、最下位は青森1.5%
http://wp.me/p6NPV7-t5
「地域包括診療料」全国平均算定率 診療所ベースで0.1%、「地域包括診療加算」4.9%
http://wp.me/p6NPV7-oZ
地域包括診療料・地域包括診療加算の届出をしていない理由、行う場合に厳しい要件は何か?
http://wp.me/p6NPV7-lG

-------------

 

九州医事研 過去の勉強会・資料スライド等

患者別 外来・入院診療密度(単価)の把握
(院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ27)

◆「5分で出来るシミュレーションシリーズ」九州医事研究会
【入院診療密度(単価)分析】
■ 5分で出来る地域包括ケア病棟転換シミュレーション
【外来診療密度(単価)分析】
■ 5分で出来る外来診療の逆紹介シミュレーション
【H28診療報酬改定シミュレーション】
(会員用)H28診療報酬改定用増減シミュレーション(簡易) 影響調査用エクセルファイル・・・(医科区分・薬価・償還材料等29,348全マスター点数増減試算表)

H30診療報酬改定情報

 

このページの短縮アドレス

http://wp.me/p6NPV7-EU

九州医事研究会へ参加するには

http://wp.me/P2Xv05-2

 

 

広告
地域のかかりつけ医の「ゲートオープナー」機能を確立へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中