H28電子カルテ導入率42.5%(予定含)、導入予定なし45.5%の衝撃

400床以上では79.8%(652/817)と進むも中小病院の導入が課題 EHR2016

EHR2016

H28年度電子カルテ化率
一般病院の400床以上では85.1%(予定含む)、300床以上では79.6%

EHR2016-2

(前回)
日本の電子カルテ導入率 H27年41.4%(一般病院) 300床以上77%

米国のようにEHRインセンティブ(メディケア・メディケイド)必要。
日本版(Meaningful use)有意義利用制度化が望まれます。

米国でのインセンティブ例 EHR普及

クリックして000272044.pdfにアクセス

■PHR推進について 九州医事研究会

クリックして000280649.pdfにアクセス

米国ではPHRや患者ポータルといった自身で管理する環境づくりを行っています。
スマートプラチナ社会実現の参考になると考えます。
———————-
医師の指示に8割の患者は従いません。自身でコントロールする環境へ。

クリックしてimportance_of_patient_engagement.pdfにアクセス

 

(前回調査)
医療ICT都道府県ランキング2014

3つのガイドライン・指針の守護者

ブルーボタンPHR普及コーディネーター

 

なぜ米国では患者ポータル導入が上手くいったのか?
日の丸患者ポータルには医療版エバンジェリストが必要(病院エバンジェリスト)
(PHRコーディネーター)
■AHIMA学会(第88回学術大会)
日本に必要なPHRコーディネーター
ミシェル・バスコ氏「PHR推進プロジェクトで施設内患者の70%が登録。これまで32,000人以上が登録し、ポータルを介した平均アクティベーション9.3%、一日9,000アクセス以上」

 

 

 

http://wp.me/s6NPV7-ehr2016

H28電子カルテ導入率42.5%(予定含)、導入予定なし45.5%の衝撃

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中