医療介護福祉のシェアリングエコノミー PHR活用時代

PDS(Personal Data Store)で個人が自らのデータを蓄積・管理、活用するための仕組みへ

IT総合戦略本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/kaikaku.html
情報通信技術(IT)の利活用に関する制度整備検討会 第Ⅱ期中間整理
平成28年5月20日 内閣官房IT総合戦略室

クリックしてchuukanseiri2.pdfにアクセス



<必要な対策(案)>
• データ取得とプライバシーとの関係の整理(IoT機器によるデータ取得に当たってどのように同意取得していくのか、データ取得に当たっての透明性の確保等)。
• 上記イ、ウを補完する観点から、データの取得・提供に関するレピュテーションリスクとその解決方法について参考となるユースケースの収集・分析を行い、リスト化して公表。
• また、レピュテーションリスクの軽減のためには、データ活用が超少子高齢社会における諸課題の解決に効果的であることの理解を広げることも併せて行うことが重要。例えば、医療分野、子育て分野等、既に官民共働で取り組まれているデータ活用のユースケースの収集を行い、その効果も含めてリスト化して公表。

pds

 

pds2

 

pds3

https://kanrisi.wordpress.com/about/

Personal Health Record(PHR/パーソナルヘルスレコード/個人健康記録)システムにおけるウェブデザイン構築についての論文「パーソナルヘルスレコードにおけるグランドデザイン/患者・医者・情報管理者をつなぐ情報サイトの設計」神戸芸術工科大学学術リポジトリ

論文の最初の引用1に九州医事研がまとめたPHR研究会の情報が掲載されています。米国のようにPHR・患者ポータル等への支援・サポート役を位置付けないと普及しません。患者・医者・情報管理者をつなぐ情報サイトの設計でイノベーションを起こります。 → グーグルの野望、個人情報が経済を動かす

 

Health 2.0(ヘルス2.0)研究会
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/Health20.pdf
PHR研究会(どこでもMY病院)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/myhosp.pdf
PHR研究会 ( Personal Health Record ) PHR 101
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/phr_j.pdf
世界各国(先進国)におけるPHRの取組み(欧州型・米国型)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/phr_w.pdf

AHIMA- MYPHR   http://www.myphr.com/

 

http://wp.me/p6NPV7-oJ

医療介護福祉のシェアリングエコノミー PHR活用時代

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中