「地域包括診療料」全国平均算定率 診療所ベースで0.1%、「地域包括診療加算」4.9%

(地包ケア)地域包括ケア病棟入院料(1・2)及び地域包括ケア入院医療管理料(1・2) 全国平均算定率16.7%
(地包診)「地域包括診療料」・・・全国平均算定率 診療所ベースで0.1%
(地包加)「地域包括診療加算」・・・ 〃 4.9%

chihokasan

■ドラッグストア・調剤薬局の地殻変動目前 合併買収が加速か
「かかりつけ薬局」しか生き残れない時代突入
http://wp.me/p6NPV7-k8

 

 

http://wp.me/p6NPV7-oZ

「地域包括診療料」全国平均算定率 診療所ベースで0.1%、「地域包括診療加算」4.9%

理学療法士を取り巻く状況 理学療法士数は129,942名(H28.1)

pt

pt2

医療従事者の需給に関する検討会 理学療法士・作業療法士分科会(第1回)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000122677.html

 

 

 

理学療法士を取り巻く状況 理学療法士数は129,942名(H28.1)

作業療法士を取り巻く状況 作業療法士数は70,676人(H26年度)

ot

ot2
医療従事者の需給に関する検討会 理学療法士・作業療法士分科会(第1回)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000122677.html

作業療法士を取り巻く状況 作業療法士数は70,676人(H26年度)

保護中: 一般病棟における摂食機能療法の届出47.8% → 経口摂取回復促進加算の届出有無では2.6% 届出困難理由のトップは?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 一般病棟における摂食機能療法の届出47.8% → 経口摂取回復促進加算の届出有無では2.6% 届出困難理由のトップは?

保護中: 一般病棟におけるADL維持向上等体制加算の届出5.5%、平均2.6棟。届出困難理由のトップは?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 一般病棟におけるADL維持向上等体制加算の届出5.5%、平均2.6棟。届出困難理由のトップは?

保護中: 回復期リハビリテーション病棟入院料1届出「体制強化加算」算定病院率63.6%、平均届出病棟数1.4、届出が困難な主な理由は?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 回復期リハビリテーション病棟入院料1届出「体制強化加算」算定病院率63.6%、平均届出病棟数1.4、届出が困難な主な理由は?

保護中: 地域包括診療料・地域包括診療加算の届出をしていない理由、行う場合に厳しい要件は何か?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 地域包括診療料・地域包括診療加算の届出をしていない理由、行う場合に厳しい要件は何か?

保護中: 地域包括ケア病棟に転院受入れを断られた理由

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 地域包括ケア病棟に転院受入れを断られた理由

ドラッグストア・調剤薬局の地殻変動目前 合併買収が加速か 「かかりつけ薬局」しか生き残れない時代突入

ドラッグストア・調剤薬局の地殻変動目前 合併買収が加速か 「かかりつけ薬局」しか生き残れない時代へ突入
(とくに月4万回を超えるグループ保険薬局を中心に)

H26改定後、これまで殆どなかった24時間薬局が出てきました。H28改定では24時間対応の薬局がますます評価されています。ただ24時間対応・2000品目以上の医薬品の備蓄管理などは、チェーン化による薬剤仕入れコスト削減や効率的な在庫管理に対応していかないと経営的に厳しくなるでしょう。薬剤師1人または数人では調剤業務の他にOTC販売や健康相談など対応は難しいところ。
今後、小規模薬局などでは地域店舗の統合、共同経営、チェーン入りなど経営体力のある調剤薬局やドラッグストアに経営を委ねるケースも目立ってくると思われます。  “ドラッグストア・調剤薬局の地殻変動目前 合併買収が加速か 「かかりつけ薬局」しか生き残れない時代突入” の続きを読む

ドラッグストア・調剤薬局の地殻変動目前 合併買収が加速か 「かかりつけ薬局」しか生き残れない時代突入

保護中: フランス、欧州最大の健康データベース運用開始

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: フランス、欧州最大の健康データベース運用開始