はじめに

九州医事研究会(更新はメインまで) /  NEWSブログ(このブログです) パス付きは会員専用。  メールマガジン登録 /  Twitter / フェイスブック / スライドシェア

20170925メルマガ【特集】国立病院機構の決算からみる医事関連データ

広告
はじめに

有床診療所は「地域包括ケアモデル(医療・介護併用モデル)」への転換推進に

病床の分類の最新バージョンが掲載。だいぶ機能分化が進んできました。

↓↓↓

中央社会保険医療協議会 総会(第371回) 議事次第  平成29年11月17日(金)
入院医療(その6)-療養病棟、有床診療所等-
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000184407.html

診療報酬における機能に応じた病床の分類(イメージ)
DPCH29.4.1現在
一般病床・療養病床(H29.6末医療施設動態・病院報告)
施設基準届出 平成28年7月1日現在(かっこ内は前年比較)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000185163.pdf

byoshobunrui201706.jpg

 

yushosinryoujorenkei01.jpg
ご当地「地域包括ケアシステム」における地域医療連携は地域包括ケア病棟入院料・管理料が中心
今後、厚労省は「在宅療養を行う患者の急変時等の入院体制」を4区分で整理。
①在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院
②在宅療養後方支援病院( 在宅患者緊急入院診療加算)
③地域包括ケア病棟入院料(救急・在宅等支援病床初期加算)
④療養病棟入院基本料(救急・在宅等支援療養病床初期加算)

yushosinryoujorenkei02.jpg

 
そして有床診療所は入院医療と介護サービスとを組み合わせて運営するモデル「地域包括ケアモデル(医療・介護併用モデル)」への転換推進に

chiikihoukatucaremoderu01.jpg

chiikihoukatucaremoderu02.jpg

chiikihoukatucaremoderu03.jpg

 

有床診療所は「地域包括ケアモデル(医療・介護併用モデル)」への転換推進に

地域包括ケア病棟 実質8.6対1病院が49%

地域包括ケア病棟(管理料)2,039病院(65,507床)まで拡大 (平成29年11月15日現在)
https://qmir.files.wordpress.com/2017/11/chiikihoukatsucare2039_20171115.pdf

地域包括ケア病棟 単価29,050円 単価が高い病院は8.6対1体制
7対1病院からのダウンサイジングが進んでいるようです。

↓↓↓

地域包括ケア病棟 看護職員・看護補助の両方の加算算定49%
看護職員配置加算150点 ・・・  83.3%(1,391/1,670)
看護補助者配置加算150点  ・・・ 55.3%(924/1,670)

(参考)救急・在宅等支援病床初期加算150点(14日まで)の算定状況は63%

地域包括ケア病棟
ヒトの配置・・・実質 8.6対1 の病院が 49.0%

chiikihoukatsucare2039_kasanchousa.jpg

 

今後の改定内容予想

H30改定
・在宅直入(サブアキュート)は「救急・在宅等支援病床初期加算」算定可能
・院内転棟(ポストアキュート)は 〃 算定不可に
または、上記で入院基本料に差をつける。
・在宅療養支援病院および在宅療養後方支援病院は初期加算算定可能など。

H32改定~
・骨折等、脳血管疾患、認知症、呼吸器系疾患など、回復期リハ同様に疾患縛り導入!?

その他
重症度、医療・看護必要度の高い患者が1割以上 → 15%などか??
重症度、医療・看護必要度 A得点1点以上 → 2点等か!??

 

中央社会保険医療協議会 診療報酬基本問題小委員会(第187回) 議事次第 平成29年11月17日(金)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000184410.html
診療報酬調査専門組織入院医療等の調査・評価分科会における検討結果(とりまとめ)について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000185157.pdf
入院医療等の調査・評価分科会における検討結果(平成29年度調査分)【別添】
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000185164.pdf

 

中央社会保険医療協議会 総会(第371回) 議事次第  平成29年11月17日(金)
入院医療(その6)-療養病棟、有床診療所等-
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000184407.html

診療報酬における機能に応じた病床の分類(イメージ)
DPCH29.4.1現在
一般病床・療養病床(H29.6末医療施設動態・病院報告)
施設基準届出 平成28年7月1日現在(かっこ内は前年比較)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000185163.pdf

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei01.jpg

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei02.jpg

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei03.jpg

dai3kai_zaitakuryoyo_kyuhenjinyuintaisei04.jpg

地域包括ケア病棟 実質8.6対1病院が49%

地域包括ケア病棟2039病院に 200床以下割合が70.8%と中小病院で導入進む

60床以上(2病棟届出)は62病院(近畿厚生局管轄除く) chiikihoukatsucare2039_20171115
日本最大は熊本セントラル病院の3病棟150床(東3病棟58床、西4病棟45床、西5病棟47床)
http://www.kchosp.or.jp/introduce/bumon/kangobu

chiikihoukatsucare2039_01.jpg

 

地域包括ケア病棟2039病院に 200床以下割合が70.8%と中小病院で導入進む

2018年度診療報酬・介護報酬同時改定はこうなる

201711.jpg

https://medical.nikkeibp.co.jp/all/info/mag/nhc/backnumber/201711.jsp

2018年度診療報酬・介護報酬 同時改定はこうなる

https://medical.nikkeibp.co.jp/all/info/mag/nhc/backnumber/pdf/201711toc.pdf

高齢者の医療ニーズが増大する2025年に向けて、医療・介護の大きな制度改革を進める実質的に最後の機会とされる2018年度診療報酬・介護報酬同時改定。財源をめぐる攻防が続く中、新機軸の方向性も打ち出されている。総力取材により、注目の中味を徹底予測する。

contents
診療報酬
全体動向
求められる社会保障費「1800億円」の圧縮
急性期入院・DPC/PDPS
7対1と10対1の”垣根”を解消へ
急性期後・回復期入院
地域包括ケア病棟の緊急時の受け入れを評価
慢性期入院
療養2は経過措置、療養1は段階設定か
外来・在宅医療
ICTによる生活習慣病の医学管理を評価へ
介護報酬
全体動向
改定率はプラスマイナスゼロをめぐる予測
訪問系サービス
訪問介護は提供回数の「上限制」などを導入か
通所系サービス
“適正化”の標的になる地域密着型通所介護
共生型サービス
障害福祉人材を配置すれば評価を上乗せ
施設系サービス
入院予防の取り組みや看取り機能を評価
居宅介護支援
特定事業所集中減算は廃止の方向
地域密着型サービス
人員配置基準の見直しで効率化を促す

REPORT

救急と連携で生き残りかける熊本・東病院
サブアキュート機能を柱とする”コバンザメ医療経営”とは…

 

 

2018年度診療報酬・介護報酬同時改定はこうなる

日本一のベッド料金 前回から変わらず

日本一の個室378,000円は小倉記念病院。

中央社会保険医療協議会 総会(第370回) 議事次第  平成29年11月15日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000184400.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000184644.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000184645.pdf

h28koshitsuryo.jpg

kokurakinen_koshitsuryo.jpg

 

 

 

(前回)
個室ベッド料ランキング(東京)
https://wp.me/p6NPV7-Yr

 

2015.12調査
https://wp.me/s6NPV7-hokengai

個室料 TOP10
378,000 小倉記念病院
324,000 小倉記念病院
194,400 東京女子医科大学病院
194,400 慶應義塾大学病院
194,400 東京大学医学部附属病院
164,000 公益財団法人がん研究会有明病院
162,000 医療法人社団鎮誠会季美の森リハビリテーション病院
162,000 帝京大学医学部附属病院
162,000 北里大学病院
156,600 東京女子医科大学病院

時間外選定療養費
8000円以上設定 27病院
16,200 医療法人同愛会熊谷外科病院
16,200 大塚・栄一クリニック
10,800 医療法人社団苫小牧東部脳神経外科
10,800 岡山大学病院
10,500 医療法人社団成仁病院
10,000 医療法人社団聖純根会村木医院
10,000 横浜痛みのクリニック
9,900 庄原眼科
8,640 国立大学法人山形大学医学部附属病院
8,640 獨協医科大学越谷病院
8,640 社会福祉法人恩賜財団済生会支部 埼玉県済生会栗橋病院
8,640 東京慈恵会医科大学附属病院
8,640 東京都済生会中央病院
8,640 東京医科大学病院
8,640 東京女子医科大学病院
8,640 慶應義塾大学病院
8,640 昭和大学江東豊洲病院
8,640 昭和大学病院
8,640 昭和大学病院附属東病院
8,640 日本赤十字社東京都支部武蔵野赤十字病院
8,640 国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院
8,640 独立行政法人国立病院機構東京医療センター
8,640 昭和大学藤が丘病院
8,640 昭和大学横浜市北部病院
8,640 兵庫医科大学病院
8,640 長崎大学病院
8,000 医療法人土屋小児病院
https://qmir.files.wordpress.com/2015/12/ika_hokengai201512.pdf

 

各医療機関の施設基準等届出状況(最新版)

中央社会保険医療協議会 総会(第337回) 議事次第  平成28年10月19日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000139934.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000140463.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000140217.pdf

中央社会保険医療協議会 総会(第306回) 議事次第 平成27年10月14日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000101007.html
・主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000101005.pdf
・主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000101006.pdf

第282回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成26年9月10日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000057355.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000057395.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000057396.pdf

第248回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成25年9月4日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000020548.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000021164.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000021165.pdf

第233回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成24年11月14日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000024885.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000024882.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000024883.pdf

第198回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成23年10月5日(水)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001qd1o.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001qd1o-att/2r9852000001qdig.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001qd1o-att/2r9852000001qdn7.pdf

第172回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成22年5月26日(水)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/s0526-6.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/dl/s0526-6j.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/dl/s0526-6k.pdf

第142回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成21年3月25日(水)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/s0325-9.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/dl/s0325-9k.pdf
主な選定療養に係る報告状況
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/dl/s0325-9l.pdf

第132回 中央社会保険医療協議会 総会 議事次第 平成20年7月16日(水)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/07/s0716-3.html
主な施設基準の届出状況等
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/07/dl/s0716-3c.pdf

 

日本一のベッド料金 前回から変わらず

伸び悩む地域医療連携推進法人

独法化後に連携推進法人へ移行。いい意見書ですね。自治体病院の抜本改革は独法化や指定管理制度を強制させること。または地域医療連携推進法人への移行を進めること。

>米沢市立病院を地方独立行政法人化したうえで、救急医療を担う急性期医療中心の病院に再編する意見書をまとめた。「地域医療連携推進法人」を作ることも提言。

現在、地域医療連携推進法人は4地域のみ。伸び悩む理由は、当初メイヨークリニックを中心としたミネソタ州の医療機器クラスター(産業拠点)を目指す枠組みだったものが、単に地域医療構想における病床削減(組み換え)の手段になったこと。魅力が大幅に低下。

地域医療連携推進法人制度で米国メイヨークリニックを目指す日本
http://wp.me/p6NPV7-Hu
自治体病院のあり方パターン整理 運営形態の比較
https://wp.me/p6NPV7-2zU
地域医療連携推進法人制度創設の効果・メリット
https://wp.me/s6NPV7-merit
米国で進む「ヘルスケアリテライゼーション」
https://wp.me/s6NPV7-aera
第7次改正医療法の柱 ガバナンス強化や地域医療連携推進法人制度
https://wp.me/p6NPV7-Hu
医療連携 米沢市民と三友堂、2病院が同時開院 検討委が意見書 23年度までに /山形
毎日新聞2017年11月9日 地方版
https://mainichi.jp/articles/20171109/ddl/k06/040/079000c

yonezawashimin.jpg

米沢市立病院、救急医療中心に再編へ:朝日新聞デジタル
石井力 2017年11月9日18時00分
http://www.asahi.com/articles/ASKC94G2PKC9UBQU012.html

---------------------------

地域医療連携推進法人制度について |厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000177753.html
平成29年10月1日現在、以下の4法人が地域医療連携推進法人として認定されています。
○愛知県:地域医療連携推進法人 尾三会
○兵庫県:地域医療連携推進法人はりま姫路総合医療センター整備推進機構
○広島県:地域医療連携推進法人 備北メディカルネットワーク
○鹿児島県:地域医療連携推進法人 地域医療連携推進法人 アンマ

第55回社会保障審議会医療部会 資料  平成29年11月10日(金)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000184297.html
地域医療連携推進法⼈制度について(概要)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000184301.pdf

---------------------------

酒田市の連携推進法人、9法人で発足へ | 日刊薬業 – 医薬品産業の総合情報サイト 2017/9/12
https://nk.jiho.jp/article/126616

「急性期」「回復期」など分担 市民病院が済生や中央などと連携 2017年10月28日(土)
松阪市民病院・松阪中央総合病院・済生会松阪総合病院で「地域医療連携推進法人(仮称)」化
http://www.yukanmie.com/news/3860/

カレスサッポロ、道医療大との「地域医療連携推進法人」設立断念
http://hre-net.com/syakai/iryou/25558/

竜頭蛇尾に終わった地域医療連携推進法人の行方 | 医薬経済社
https://risfax.co.jp/beholder/69561.html

東濃中部の医療提供体制検討会(第1回)会議資料  平成29年9月27日(水)
http://www.city.mizunami.lg.jp/docs/2017102000010/files/siryou.pdf

tounoukenniki.jpg

chiikiiryorenkeisuishinhoujin.jpg

merit

伸び悩む地域医療連携推進法人

電子カルテ普及率 未来投資会議構造改革徹底推進会合

①400床以上で90%と甘い目標ではなく、EHRインセンティブ等で診療所・病院の電子カルテ化率100%を目指す。
②保険者に加入者向け(患者向け)の健康ポータルサイト、または病院に患者ポータルサイトを作らせて、自らのカルテデータを閲覧できる仕組みにする。
③診療所・病院側等はデータ提供できる体制にする。
④上記のアクセス・閲覧・情報収集等を加入者自らが学ぶ、または教える(支援する)ヒトの育成が急務。

日本では①②の到達ができてないので③④に手がついていない。

↓↓↓

未来投資会議構造改革徹底推進会合
「健康・医療・介護」会合(第1回) 配布資料 平成29年10月27日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/health/dai1/index.html
電子カルテ
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/health/dai1/siryou2.pdf
2020年度までに、地域医療において中核的な役割を担うことが特に期待される400床以上の一般病院における電子カルテの全国普及率を90%に引き上げる。
↓↓↓
2014年度(平成26年度)10月時点で77.5%と、2011年度 10月比で+20.2ポイントとなっており、目標達成に向けて順調に推移

20171027EHR01.jpg

20171027EHR02.jpg

 

(関連)

電子カルテ導入率ランキング(米国)
https://wp.me/p6NPV7-2AH

電子カルテ市場規模は、2020年に2,780億円
http://wp.me/p6NPV7-2ts

電子カルテ情報を利用したサイバー犯罪 主な5項目
http://wp.me/p6NPV7-2tv

200床以下病院の電子カルテベンダー別シェア
http://wp.me/p6NPV7-1O8

日本の電子カルテのシェア 上位5社で81%
http://wp.me/p6NPV7-aT

日本の電子カルテ患者参加率は全国民の1%未満、病院・診療所の参加率は各々30%、10%と低調
http://wp.me/p6NPV7-1JA

地域医療情報ネットワーク構築事例 国内ナンバーワンはどこか
http://wp.me/p6NPV7-F4

H28電子カルテ導入率42.5%(予定含)、導入予定なし45.5%の衝撃
http://wp.me/s6NPV7-ehr2016

日本の電子カルテ導入率 H28年42.5%(一般病院) 400床以上79.8%
http://wp.me/p2Xv05-88

電子カルテ等保守費用年間6,848億円、医療機器・医療情報システム費用2.6兆円
http://wp.me/p6NPV7-1Ld

米国EHR導入率 1位ワイオミング州78.6%、ベンダーはエピックで13.5%
http://wp.me/p6NPV7-1KI

電子カルテ・患者ポータルの導入状況
http://wp.me/p2Xv05-gF

電子カルテコピー&ペーストの欠点 アップコーディング(オーバーコーディング)回避のヒント
http://wp.me/p6NPV7-Q6

健康・医療・介護分野におけるICT活用により実現すべき姿
http://wp.me/p6NPV7-1Ad

米国ブルーボタンPHR 2013年8,800万人 → 2016年1億5000万人がアクセス
http://wp.me/p6NPV7-OQ

米長者番付「フォーブス400」 電子カルテ覇者ジュディ・フォークナー321位
http://wp.me/s6NPV7-forbes

米国EHR満足度調査2016
http://wp.me/p6NPV7-Ey

国立病院機構の全病院で電子カルテ集積、一元的に分析へ
http://wp.me/s6NPV7-ncda

電子カルテ普及率 未来投資会議構造改革徹底推進会合